とっておきの苔 | 盆水

2016/10/13 18:14

盆水の環境に適した苔を。

盆水のキットに含まれている苔は、たくさんの種類の中から、苔の生産者の方と何度も話し合い、また、実際に盆水の環境でテストを重ねてきた結果をもとに、厳選した種類をお届けしております。

ギンゴケ・ホソウリゴケなどを植えるのは陸上


たとえばギンゴケとホソウリゴケは、日光を好みますので、盆水上部の盆栽周辺の陸地に植えてください。
植物を屋外に出した時に、一緒に光合成をしてくれます。
逆にツヤゴケ・ヒノキゴケなどの半日陰を好むをような苔を植えますと、直射日光に耐え切れずに弱ってしまう場合があります。
ただし、ホソウリゴケは室内の明るい場所であるという条件がそろうと、水が当たる環境の方が、驚くほど綺麗な色になることがありました。
盆水の岩から水がしみ出る環境が非常に合っているようで、蛍光グリーンのような色に変わった時は、とても感動しました。
盆水を置く環境によって変わってきますので、苔の配置も色々と試してみてください。

カマサワゴケ・コスギゴケなどを植えるのは水辺


カマサワゴケ・コスギゴケなどは盆水下部の岩場周辺の水の当たる場所に植えてください。
半日陰を好みますので、屋内での飼育に適しています。
また、水気の多い場所を好みますので、水が滴るような盆水下部の岩場の環境にも適しています。
商品の到着時には、輸送時の環境の変化から苔が多少茶色く変色している場合がありますが、盆水の環境の中で適した場所に植えていただきますと、すぐに元の元気な緑色に戻ってきますのでご安心ください。

苔を選ぶ理由


自然界における苔の生息地は種類によって大きく異なります。
盆水という小さな世界でも、陸地、水の当たる所、水がしみ出ている所、水中と様々な環境があります。
これらの環境すべてに適応できる苔は、残念ながらございません。
盆栽は定期的に光合成をさせなければなりませんので、天気の良い日には、直射日光の当たる屋外に出さなければ枯れてしまいます。
ギンゴケやホソウリゴケなどは日当たりの良い場所を好みますので、植木を屋外に出した時に、同じように元気に育ってくれます。
盆栽といえばホソバオキナゴケ(ヤマゴケとよばれるもの)が一般的ですが、これも半日陰を好みますので盆水の環境には適していません。
そのために、盆水では、上部の植木部分を別パーツで構成し、取り外せるようにしております。
一方で、カマサワゴケやヒノキゴケは直射日光を嫌いますので、もしも、植木の周辺に植えたとしたら、きっと弱ってしまうことでしょう。
ですが、これらの苔は半日陰で水気の多い場所を好みますので、盆水を置いている室内という環境が適しています。
これらの苔の適材適所を考慮したうえで、盆水のセットの中に入れております。