盆水Q&A | 盆水

2016/10/13 18:06

盆水ケースの耐久年数は?


盆水ケースの耐久年数は3年以上となります。

もしも、3年以内に衝撃による破損以外の水漏れや亀裂などが生じた場合は、すぐにお知らせください。新品と交換させていただきます。

通常のメンテナンス


植木にお水をあげていただく際に、盆水のケースにも足し水をしていただくだけでOKです。普段ご使用いただいていて特別な事をしていただく必要はございません。
植木は1週間のうち3〜4日は屋外で日光浴をさせてあげください。

苔はどれくらい保つの?


苔は日本に自生している種類のものをお届けしますので、環境さえ整えば半永久的に生き続けます。
ここで言うところの環境というのは主に日当たりの事です。日当たりの良い窓辺が盆水の環境には1番適しています。
窓辺といっても隣の建物に隣接していたりして、日当たりの悪いところでは育ちが悪くなります。
その場合はライトで照らしてあげる必要があります。

水の流れる岩場に根を張り、たくましく育つ苔を楽しみながら育ててあげてください。

盆水の温度管理について


盆水は日本の自然環境を再現したもので、水の流れる箱庭のように楽しんでいただくキットです。
当然、日本の気候環境に適している植物を選定してお届けしておりますので、特に保温や冷却をしていただく必要はございません。自然のままに、日本の四季を楽しみながら育ててあげてください。
ただし、エアコンの風があたるような場所は避けてください。

掃除について


盆水ケースは上下で分離する事ができますので、お掃除などのメンテナンスもらくらくです。
ケースが汚れてきたなーと思ったら、柔らかいスポンジで軽くこすってあげてください。夏場は月に一回くらい、それ以外は2〜3ヶ月に一度くらいが目安です。
ご注意いただきたいのは、アクリルのケースは擦り傷が入りやすいので、メラミンスポンジや歯ブラシなどでこするのはお控ください。


チューブや分水器などは比較的汚れやすいパーツとなります。チューブに汚れが付着してきた場合には取り外し、水道水で内部を洗い流してください。もしも汚れが付着して取れない場合には細いブラシで掃除していただくか、新たに金魚のブクブクホースで代用していただくことも可能です。
分水器は流水をかけながら歯ブラシなどできれいにしてください。


ポンプはよほどのことが無い限り掃除は必要ありませんが、排水量が減ってきたなーと感じたときには、使い古した歯ブラシでプロペラの汚れを落としてあげてください。ポンプのプロペラは簡単に外れる設計になっておりますので、気になる方は半年〜1年に1回ほど掃除をしていただいてもOKです。通常のご使用に関しては環境にもよりますが2〜3年に一度くらいのお手入れで大丈夫です。